プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2013年02月12日

カラオケ喫茶ガイドブックの効用

2/10(日) 、外出先から店に戻ると大阪ナンバーの車。ママに聞くと初めてのお客様とか。「カラオケ喫茶ガイド」を見て来てくださったという。

見ると男女のペアの後ろ姿。「続いてMさん歌っていただきます」とママのコール。「ん?Mさん?」

ステージにたったMさんを見るとやはり…。奈良にいたころあちこちのカラオケスタジオで時折出会ったMさん夫妻だった。歌は当時と同じく洋楽。嬉しくなって思わず手を振るとステージから笑顔で手を振り返してくれた。かれこれ四年ぶりか。

純粋に歌を愛する気持ちで訪ねてくださったMさん夫妻の厚情とカラオケ喫茶ガイドの効用に感謝。
  

Posted by 沙門宏幸 at 21:00Comments(0)

2013年02月12日

レコーディング終わる

2月10日午後5時から 、和歌山市松江の昭和青春館で「加太いってのもらよ!」のレコーディングを行った。

ディレクターの岩橋会長からは終始「もっとくだけて」との注文が飛び、精一杯やるものの根が砕ききれない性格なので結構難航。7回録って結局Take〓が採用になった。

一回一回、気持ちの入れ方やイメージの持ち方でこうも変わるものかと思い、いい勉強になった。

3月2日発売。乞うご期待!
  

Posted by 沙門宏幸 at 12:49Comments(0)