プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2013年02月28日

2月のラスト曲

2月の最終レッスンで小阪へ。曲は藤あや子「浮雲」。作詞・作曲とも美樹克彦。林芙美子の小説「浮雲」を題材とした作品。(「浮雲」は1955年に高峰秀子・森雅之の主演で映画化)

静かな凄みがある。藤の歌には情念の深みを感じる。詞と曲にまとめあげた美樹克彦氏に敬服。
  

Posted by 沙門宏幸 at 09:14Comments(0)

2013年02月26日

南紀田辺にて

2/25(月)田辺市へ。おめあてのカラオケ喫茶にはガッカリ。お客さん全員が採点ランキングに打ち興じている様子は異様だった。歌を楽しんでいるのかゲームを楽しんでいるのか…。カラオケ機器に遊んでもらってるような気がしてなじめなかった。一曲で早々と退散。

帰途、国道42号線を北上。海産物の直販店で食事もできる所があった。あじの開きを焼いてもらい刺身とごはん・味噌汁を とって夕食。これはヒット。来てよかった。

海に沈んでいく夕日とその後に登った月が印象強かった。
  

Posted by 沙門宏幸 at 12:49Comments(0)

2013年02月24日

ひどい鼻炎

金曜日から発症。くしゃみ、鼻水、鼻づまり。昨日はのどまで炎症が。

決まって2月。決まって耳鼻咽喉科へ。薬をもらった。

土曜の夜はお客様と一緒に歌う日。恐る恐る歌ってみた。鼻とのどが使えなくて、薬で頭がボーッとしてりゃ歌えるわけがない。無様な姿。やめといたらよかった。

来週火曜・木曜レッスン。金曜・日曜出演。どうしょう。大ピンチ
  

Posted by 沙門宏幸 at 19:07Comments(0)

2013年02月23日

「きらゆき」へ

2/21(木)、明石市の「きらゆき」さんにお邪魔した。

大蔵海岸沿いの景勝地で店の窓からカーテンごしに海とパールブリッジがみえる。

旧名・ハーバーDoDo。昨年末から新しいスタートを切ったお店だ。

オーナーは宮本由紀さん。歌の世界では超有名人。ピアノも堪能で弾き語りは最高、聞く人を唸らせる。もちろん両方とも先生をされている。

落ち着いた雰囲気でしっかりと歌唱練習ができる本格的なスタジオだ。

昼13:00〜18:00 夜19:00 〜22:30。定休日は月曜。TEL: 0789121358。
  

Posted by 沙門宏幸 at 11:35Comments(0)

2013年02月23日

穂乃実です

ご無沙汰しています。生まれて10か月になりました。

一人でお座りできるようになりました。今、立つ練習をしていますがなかなか上手くいかなくて…。どうかお楽しみに。

食べ物もだんだん大人に近づいてきました。

わたしが元気すぎるのでお母さんは「この子はおてんばになりそう」と言ってます。そうかなあ〜?
  

Posted by 沙門宏幸 at 08:19Comments(0)

2013年02月19日

和(なごみ) へ

あれこれバタついた週末 。ブログもサボった。

昨日は午前中、千里。店の機械点検のため紀の川へトンボ返り。夜、堺へ。今朝ちょっと落ち着いた。今、美容室。

昨夜は堺市の和(なごみ)へ。お客様方と一緒に歌を楽しんだ。

「あの人どこに」を5人の方が歌ってくださった。初めて歌ってくださったかたもお二人。「サークルの新年会で歌ったのよ」と伝えてくださったご婦人も。名もない歌い手の歌をこんなに可愛がってくださることに心から頭がさがる。

その温かさに全身全霊お応えしなければ…。
  

Posted by 沙門宏幸 at 15:13Comments(0)

2013年02月15日

バレンタインデー

昨日バレンタインデー。

夕方仕事から帰ると妻からのプレゼント。温かいフード付のダウンジャケットとセーターだった。

一緒に出かけた時ならいつも「いらない、いらない」と言うので、密かに買ってくれたのだろう。その気持ちが嬉しい。

夕食後、和歌山市船所のカラオケスタジオパインへ。広い店内で本格的に歌を楽しめる雰囲気があった。
  

Posted by 沙門宏幸 at 15:25Comments(0)

2013年02月15日

「加太いってのもら」収録!”加太産歌”ジャケット。

3月3日発売!「加太いってのもら」収録!
加太のうた3曲入りの”加太産歌”ジャケットです。
カップリングは宮本静さん「加太小唄」と
よしもと芸人の虹色ポッケさん「加太の鯛」ダンスバージョンで,
オリジナルカラオケ付き全6曲入りの1500円です。
頭にタオルはちまきをしてお酒が好きな漁師さん・・・あれがジャケットに!
  

Posted by 沙門宏幸 at 06:43Comments(0)

2013年02月14日

2月の課題曲?

カルチャー課題曲2曲目はキム・ランヒさん「くちぐせ」―歌手生活20周年を迎える秀作。名作「ノラ」を思わせるような曲調。

6月にはNHKホール大阪で記念コンサートとか。ルックスとは対照的に飛び出すバリバリの大阪弁が何故か魅力的だ。
  

Posted by 沙門宏幸 at 09:02Comments(0)

2013年02月12日

カラオケ喫茶ガイドブックの効用

2/10(日) 、外出先から店に戻ると大阪ナンバーの車。ママに聞くと初めてのお客様とか。「カラオケ喫茶ガイド」を見て来てくださったという。

見ると男女のペアの後ろ姿。「続いてMさん歌っていただきます」とママのコール。「ん?Mさん?」

ステージにたったMさんを見るとやはり…。奈良にいたころあちこちのカラオケスタジオで時折出会ったMさん夫妻だった。歌は当時と同じく洋楽。嬉しくなって思わず手を振るとステージから笑顔で手を振り返してくれた。かれこれ四年ぶりか。

純粋に歌を愛する気持ちで訪ねてくださったMさん夫妻の厚情とカラオケ喫茶ガイドの効用に感謝。
  

Posted by 沙門宏幸 at 21:00Comments(0)

2013年02月12日

レコーディング終わる

2月10日午後5時から 、和歌山市松江の昭和青春館で「加太いってのもらよ!」のレコーディングを行った。

ディレクターの岩橋会長からは終始「もっとくだけて」との注文が飛び、精一杯やるものの根が砕ききれない性格なので結構難航。7回録って結局Take〓が採用になった。

一回一回、気持ちの入れ方やイメージの持ち方でこうも変わるものかと思い、いい勉強になった。

3月2日発売。乞うご期待!
  

Posted by 沙門宏幸 at 12:49Comments(0)

2013年02月10日

カラオケスタジオ・教室の存在意義に関する一考察

今更ながら、カラオケスタジオや歌謡教室の存在意義について考えた。

もちろん正解などない。答えは自ずとこうありたいという願望になる。

〓歌を媒介とする地域・世代を越えたコミュニケーションの場。(日々の営業・活動を軸にしながら楽しく集えるイベントを計画・実施する)

〓歌唱マナーを育成し大衆歌謡文化の向上・発展を図る場(いわゆる“カラオケ”の質的向上)

〓演歌・歌謡曲のミニ総合情報センター(楽曲・作家・アーティスト等に関する情報提供のニーズに応える)


ただお客様を待つだけのポジティブな姿勢ではなく、ビジョンを持ったアクティブな営業活動をすること…生き残る活路はそこにしかない。

また同じ考え方を持つ事業者同士の連携や相互協力も重要だ。囲い込みをやってる時ではない。
  

Posted by 沙門宏幸 at 07:27Comments(0)

2013年02月08日

歯科通い

この二週間で歯に詰めてたアマルガムが二つ取れた。

初めは右上。森永ミルクキャラメルの粘着力に負けた。

取れたアマルガムを大事にティッシュにくるんで歯科医院へ。看てもらうと虫歯になってたので治療が必要。残念ながら取れたアマルガムは役に立たなかった。

右上の治療がすすんだので安心というか油断というか、もう一度森永ミルクキャラメルに挑んだ。“ガリッ”―「えっ!まさか…」恐る恐るキャラメルの中の異物を取り出すとアマルガム。今度は左下。舌でさわると大きな穴。(そんなに大きくないんだろうけどとてつもなく大きく感じるから不思議だ)

ともかく、またしても森永ミルクキャラメルの粘着力に負けた。

早速歯科医院へ。前回のことがあるので、取れたアマルガムは捨てた。看てもらうと虫歯はなし。「取れたものお持ちですか?」と聞かれたが後の祭り。ウウーッ。

二本並行して治療。今日はめ込み。
  

Posted by 沙門宏幸 at 09:40Comments(0)

2013年02月07日

香芝教室

2月6日(水)奈良・香芝教室のレッスン。カラオケボックス・レインボー20番ルーム。

通信カラオケとキーボードによる個人レッスン。
開設二年半。月二回ここに来る。

午前11時から午後5時までノンストップレッスン。かなりハードだがやりがいがある。

生徒さんはほとんど香芝在住当時からの方々でアットホームな雰囲気がある。和歌山に移ってから香芝での教室続行を断念していた時、「是非に」と声をかけてくださったのはこの方々だ。計り知れない恩義かまある。

この日はほとんど皆さん新しいレッスン曲。こういう日がとりわけハード。一気に7〜8曲覚えなければならない。他教室の先生はいざ知らず、知らない曲をレッスンするなど自分にはできない。

一曲一曲が真剣勝負。私が生徒さんを育てるのではなく、教室が生徒さんが私を育ててくれている。感謝…拝。
  

Posted by 沙門宏幸 at 09:07Comments(0)

2013年02月06日

定員あとわずか…

3月24日(日)の第3回みえこ親睦 &ミニ発表会の出足が好調。皆様の応援で定員の24名まであと6名。締め切りが早まりそう だ。

参加ご希望の方はお早めにカラオケ スタジオみえこ(0736ー77ー6188)まで。
  

Posted by 沙門宏幸 at 02:05Comments(0)

2013年02月04日

2月の課題曲

カルチャーの2月レッスンが始まった。課題曲は山口かおる「運命じゃない」。

“どんなに愛しても彼にとって私は運命じゃない ”…そんな女心の切なさを山口かおるが清潔感のあるハスキーボイスで甘く歌う。

作詞は和歌山市出身の及川眠子。言葉の感覚が斬新だ。作曲は中崎英也。JーPOP の作家がかいた曲らしく実にリズミカル。取り組みがいのある曲だ。
  

Posted by 沙門宏幸 at 23:41Comments(0)

2013年02月03日

深夜のラーメン

昨日(2/2)は昼・夜とも大勢のお客様がお見えになった。嬉しいかぎりだ。

とくに夜の部は大阪方面からのお客様やひさしぶりにお目にかかれたお客様で嬉しさもひとしお。みなさま熱唱&静聴でマナーもよく気持ちよかった。土曜日の夜は一緒に歌わせていただいているが、一層気合いが入った。


店が終わって心地よい疲れに気分を良くし、久々の深夜のラーメン。体に良くないのは分かっているが、まっ、いいか。

店の灯りが何だかいつもより明るく見えた。
  

Posted by 沙門宏幸 at 06:48Comments(0)

2013年02月02日

新曲試聴会

2月1日、先月欠席したので自身今年初の新曲試聴会。岩喜演歌商店で。


2月後半〜3月発売予定の新譜を36曲試聴。最高点は市川由紀乃さん「風の海峡」。二番てはあさみちゆきさん「木枯らし一号」


終了後、恒例の“チョークをマイクに持ち替えて”。今回のメインは何と言っても「加太いってのもらよ!」。完成したカラオケにのせて力一杯歌唱。頭にタオルはちまきをしてお酒が好きな漁師さんっぽく迫ってみました。
  

Posted by 沙門宏幸 at 07:00Comments(0)

2013年02月01日

「加太いってのもらよ!」カラオケで歌う。。




「加太いってのもらよ!」
(唄:沙門宏幸 作詞・作曲:常悦)
まもなくレコーディングという直前のUST披露です。

  
タグ :動画


Posted by 沙門宏幸 at 15:44Comments(0)Ustream・動画

2013年02月01日