プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2013年03月26日

「和(なごみ)」にて

3/25(月) 昼は大阪狭山市のスパヒルズで岩盤浴。夜は堺市の「和」さんへ。
24日のみえこミニ発表会が「和」のお客様のご協力で無事成功できたので、そのお礼も兼ねて。

この日も「和」はすごかった。夜だというのに何と最終22名のお客様。まるで毎日がミニ発表会だ。同業者として元気が沸いてくる。カラオケまだまだ捨てたものじゃない。

奈良からTさんご夫婦も。「和」を気に入ってくださったようで紹介者として誠にうれしい。こんなほのぼのとした歌の輪をもっともっと広げたいものだ。

「和」さんはまもなく3周年。4月1・2日に謝恩営業をされる。1日にまた来ようっと。(自分とこ大丈夫かいな(笑))
  

Posted by 沙門宏幸 at 20:38Comments(1)

2013年03月26日

「ひばり」にて

3/21(木)、懇意にしていただいている西川先生のお供をして泉北郡忠岡町のカラオケ喫茶「ひばり」さんにお邪魔した。

お店の前に来て気がついたのだが、以前に南海電車の窓から見て“良さそうなお店があるなあ”と思っていたところだった。やっと巡り会えたという感じ。

入り口には「沙門宏幸来店」の案内とポスターが…。ワオッ!遊び気分の心ににわかに緊張が走る。

しかし店内に入ると気持ちが和らいだ。アットホームな雰囲気で男性が多い。しかもお二人の方が「あの人どこに」を歌ってくださった。感謝!

ママさん(角谷紗知子さん、写真)はきっぷのいい方で無名の歌い手を丁重に迎えてくださった。お店の人気の秘密はママさんだなと思った。ママさんのリクエストで二度も「あの人どこに」を歌わせていただいた。感謝 !感謝!

「ひばり」さんは印象深い本当にいいお店だった。
またお邪魔したいと素直に思った。

カラオケ喫茶「ひばり」
泉北郡忠岡町忠岡南1ー6ー16 南海電鉄「忠岡駅」南へ徒歩1分 ? 0725ー32ー7571 月曜定休
  

Posted by 沙門宏幸 at 14:03Comments(0)