プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2013年05月23日

天野の里ある記(6)

里の入り口からメインスポットに向かう途中、南に200mほど入ると「亀田大隅守の碑」がある。全く無関係だがボクサー3兄弟を連想して立ち寄ってみた。

あいにく碑のある建物が老朽化したとかで修復中。年配の大工さんが一人で作業していた。

「あんたこんなんに興味あんねんなあ」と不思議そうに話しかけてくれた。

「いつ頃できるんですか?」と聞くと、「さあ、一人でやってるんでなあ…」と。あまりきっちりとした計画はなさそうだった。

「亀田さんってどんな人ですか?」と聞くと「さあよ」と言って見せてくれたのが写真の立て札。それによると…

亀田大隅守は戦国時代の武将で賤ヶ岳・関ヶ原・大阪冬・夏の陣で武功をあげ、後に紀州浅野家に仕えたという。浅野家の広島転封後は家老職を務めたが、政争に巻き込まれ浪人となり晩年天野の里で暮らしたという。

そういうケースがよくあったようだな、この里には…。惹きつける魅力があるんだろうな。
  

Posted by 沙門宏幸 at 17:11Comments(0)

2013年05月20日

天野の里ある記(5)

いたるところ、のどかな山里風景。時が止まったように感じられて…。いくらシャッターを押しても持ち帰れないのに。
  

Posted by 沙門宏幸 at 09:16Comments(0)

2013年05月20日

天野の里ある記(4)

埼玉県飯能市の天龍寺を本山に足腰守護の信仰で知られる子の大権現。

その開祖・子の聖の生誕地が天野の里。約千年前、「阿字の長者」という夫人が子の年、子の月、子の日、子の刻に産んだ男の子が子の聖。

後に子の権現(仏菩薩が衆生を利益するため神に姿を変えたもの)となって関東にその信仰を広めた。

メジャーな人物の割りにはこの碑のある場所がわかりにくく、戸外で家事をしていたご婦人に教えてもらった。感謝 !
  

Posted by 沙門宏幸 at 08:51Comments(0)

2013年05月14日

天野の里ある記(3)

「天の里」レストランの駐車場をお借りし(すんません、無断で)、里の入り口付近をしばし散策。

まずは日本真言宗開祖・空海にまつわる伝説。天野の里が空海を高野山に導く地となったそうな。

狩場明神が一の滝不動(写真下)あたりで道行く空海と出会い、柳沢明神に引き合わせた。その柳沢さんが空海に高野山へ登ることを奨めたというわけだ。それで今も高野山とのつながりが強いんだって。(ふーん)

ところで“○○明神と出会った”なんて言うと人格化された神を連想して何となくウソくさくなるが、空海己心の中のひらめきあるいは啓示とみると真実味がある。

さて、およそ1100年前、天野に足を踏み入れた空海は何を想い、どんなひらめきを得たのだろうか

  

Posted by 沙門宏幸 at 12:03Comments(0)

2013年05月09日

天野の里ある記(2)

天野トンネルを抜け少し走ると目に飛び込んでくる真新しい建物。今年4月にオープンした「山荘 天の里」だ。

温かみのある木造平屋建ての施設は里の風景に溶け込んで違和感がない。
宿泊・入浴・食事それぞれのニーズにあった利用ができしかもリーズナブル。ゴルフや観光・散策の拠点として発展が大いに期待できる。

残念な事にオーナーの和島興産・島和代社長が私が山荘を訪ねた5/6に亡くなられた。島さんには歌のイベントを通じて二・三度お目にかかったことがあり、ご厚誼も頂戴した。こじつけるつもりはないが何かご縁を感じてならない。

故人のご冥福と山荘のご隆盛を心よりお祈りしたい。
  

Posted by 沙門宏幸 at 18:20Comments(1)

2013年05月09日

天野の里ある記(1)

ゴールデンウィーク最終日の5/6(月)、話に聞いていたかつらぎ町の天野の里を訪ねた。

五月晴れに恵まれた絶好のハイキング日和。午前中から夕方にかけてゆっくり歩いてみた。

国道24号線・笠田駅前交差点を南に約10?。全長512mの天野トンネルを抜けるとなだらかな山々に囲まれた天野の里が…。

そこは私にとって久々に心惹かれる歴史とロマンと祈りの里だった。
  

Posted by 沙門宏幸 at 09:12Comments(0)