プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2013年10月21日

久々のカラオケ大会

10/13(日)、オール近畿歌謡連盟主催の名人戦に参加した。審査のあるカラオケ大会に足を運ぶのは4年ぶり。出場ではなく見学…とはいうもののかつて覚えた緊迫感が脳裏に蘇った。

恩師・高田セイコ先生が審査員を務めるこの連盟で学びながら、新たな歌の歩みを始めたいと思っている。
  

Posted by 沙門宏幸 at 09:46Comments(0)

2013年10月21日

加太―竹燈夜2013

10/19(土)、加太サンセットライブin竹燈夜に初めて出演させていただいた。

生憎の天候で沈む夕陽と冴える月影は拝せなかったが、お集まりのお客様方とともに、化野を想わせる幽玄な竹燈を眺め眺めながら、しばし歌や音楽を楽しんだ。

共演は歌手の宮本静さん、ピアニストの木谷悦也さん、バイオリンユニットのProceedさん。

私、沙門は木谷さんのピアノ伴奏で「荒城の月」「和歌山県民歌」「街道紀行」「加太いってのもらよ」の4曲を、Proceedさんの演奏をバックに「憧れのハワイ航路」を気持ちよく歌わせていただいた。

一期一会…心に刻む一夜となった。

加太観光協会の皆様、岩喜演歌商店さま、共演およびスタッフの皆様、そしてそぼ降る小雨にめげず駆けつけてくださった皆様に、ただただ感謝です〓ありがとうございました〓
  

Posted by 沙門宏幸 at 09:27Comments(0)

2013年10月02日

西小路一葉さん来店〓

10/2、日本クラウンの西小路一葉さんが「みえこ」に来店。

新曲「待ちわびて京都」やデビュー曲「百合の花のように」はじめ5曲を熱唱。お集まりのお客様方を魅了した。

西小路さんとは3年前、ご一緒にお仕事をしたこともあり、曲想も好みなので、不肖・沙門も「待ちわびて京都」を歌わせていただいた。

これからもマイ・レパートリーとして歌おうと思います。西小路さん、ありがとうございました〓
  

Posted by 沙門宏幸 at 16:19Comments(0)

2013年10月02日

通信カラオケ配信済

「加太いってのもらよ」が待望の通信カラオケ配信になった。

JOYSOUND×UGAで9/29から。歌ってくださいねー〓(…の前に覚えてね)

  

Posted by 沙門宏幸 at 15:57Comments(0)

2013年10月02日

お墓参り

9/30、二年ぶりに墓参。兵庫県丹波市へ。

〓マッチをすればおろしが吹いて〓…さながらの山あいの丘陵地。左は叔母。

何となく慎ましやかな気持ちになれるのでお墓参りもたまにはいいものですね。
  

Posted by 沙門宏幸 at 15:30Comments(0)