プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2014年03月25日

「和」にて

3/24、珍しく昼の「和」へ。高田先生ご一行5名とともに。

20名を超えるお客様。いつもながらすごい

歌仲間の大野さんとデュオ。「ハートブレイク・ダンディー」を熱唱。
  

Posted by 沙門宏幸 at 12:23Comments(0)

2014年03月02日

哀悼

お客様のTAKIさんが本日未明、お亡くなりになった。

ここ約1年半、週末に決まってお見えになり、歌を楽しんでくださった。

初めて来られた時は、ほとんど人前で歌ったことがないと仰っていたが、よくお顔を合わせるお客様とも仲良くなり、いろいろな歌にチャレンジされる中で、歌う楽しさを味わってくださったようだった。

ダンスがお得意で歌う時のしぐさがかっこよくて
様になっていた。歌う姿を見ているだけで微笑ませてくれる人だった。

当店のミニ発表会にも初回から7回連続して出演、昨年末の10周年記念発表会ではスタッフ、さらにはママの歌に合わせた踊りまで披露してくださり、身に余るご親交を賜った。

2週間前にお見えになり、「街道紀行」を歌ってくださった。そして3月のミニ発表会の参加も申し込まれた。「もし歌えなくても聞くだけでもいい?」…その声にいつもの元気さはなかったが、まさか…。それがお目にかかった最期だった。

TAKIさん、本当に楽しい出会いと時間をありがとうございました。どうか安らかにおやすみください。ご冥福をお祈りします。
  

Posted by 沙門宏幸 at 14:06Comments(0)