プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2015年01月02日

こんな○○はイヤだ!

古いカラオケ雑誌に面白い記事があった。

「こんな○○はイヤだ!」というテーマの読者アンケート。
読者の不満が多かったのは「大会(発表会)」と「先生」。

まず「こんな大会(発表会)はイヤだ!」から…。

おもな内容は…「エコひいき、コネ優先の審査結果。出場者の気持ちをバカにしている」「午後9時でも終わらない、金儲け主義の発表会」「参加者よりも下手なゲスト歌手。歌の参考にならない」…etc。

思いあたる節がたくさんあるので思わず心の中で拍手。「裏あり、コネあり」には私も苦い経験をした。(○○歌謡大賞の地区予選なんか茶番。証言してもいい!) 200人超の 発表会?マジかね。「出場者よりも下手なゲスト歌手」 …おっと、これは他人事じゃないから気をつけよっと。

つぎに「こんな先生はイヤだ!」について…。(“先生”とは言わずと知れた歌謡教室の先生)

主なは「新曲を知らず、課題曲の選曲が古い」「譜面は下がっているのに『そこ上げて歌いなさい』という先生」 「生徒の個性をつぶして自分の色に染めようとする先生」…etc
イヤーっ、生徒さんはシビア。先生面していい気になってると愛想を尽かされそう。常に自己点検あるのみ。

もう一つ僕に言わせて貰えれば、「生徒さんたちを連れてカラオケスタジオに来て、辺り構わず生徒さんの歌を批評する先生」…貸切ならまだしも他のお客さんもいるのに。次の人が歌っていても平気で「あなた今の歌ねぇ…」なんて。「見て見て、私は先生なんですよ」という醜い自己顕示欲。横柄な態度が許されるという気持ちの傲り…こんな先生は人に歌を教える資格はない。人間として最低限必要なTPOを弁えたマナーを自分がまず学ぶべき。最も生徒さんの方にも責任がある。「先生、今の歌どうでしたか?」などと場所がらも弁えずお伺いをたてる変な卑屈さが不心得な先生をのさばらせていくのだ。(和歌山にもいます、こういう先生)

カラオケ雑誌の記事、勉強になります。  

Posted by 沙門宏幸 at 00:05Comments(0)