プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2015年02月01日

発表会?

2/1(日)スタジオみえこ昼の部、一時何と21名のお客様がご来店。(こ、ここは堺の「和」か!)

さながらミニ発表会のような様相にちょっとパニくるみえこママ。嬉しい悲鳴だ。

常連のお客様はもちろん初めての方もちらほら。オープン11年を超えてまだお客様の広がりがみられるのは実にありがたいことだ。

通常営業で昼の部単独21名は本年最多。2月幸先が良い。とはいえ、波が激しい稼業。一喜一憂せず淡々と、また粛粛と。  

Posted by 沙門宏幸 at 20:13Comments(0)

2015年02月01日

何と!オファーが…

3月29日(日)に和歌山市の鷺ノ森別院で開催される第11回孫市まつりに今年も出演することになった。昨年に続いて二度目。

ただし去年との違いは…

(1)主催者から出演オファーをいただいたこと。

(2)去年はサブステージ、今年はメインステージで。

連絡をいただいた時、ひがみ根性の強い僕は思わず「ほんまかいな」と。

よしっ、がんばるぞ!  

Posted by 沙門宏幸 at 00:19Comments(0)