プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2015年03月03日

アンヌさん

3/2、およそ一年半ぶりになろうか、大阪市西区九条南・「SOUND&SPACEアンヌ」さんにお邪魔した。

ここは僕の歌の仕事に対する原点の一つになったお店だ。

僕が歌うマナー・聞くマナーに強くこだわりを持つようになったルーツは二つある。

理論的には花門一平氏。実践的にはアンヌさん。

順番から言うと先にアンヌさん。11年くらい前、カラオケ雑誌の案内を見て初めて訪ねた時の衝撃は忘れられない。歌唱中の私語厳禁はもちろん、入退室のタイミングまできちんと定めていた。歌と歌唱者を徹底して大切にする姿勢を深く学んだ。

その2年後、花門一平氏との出会いがあった。氏は演歌・歌謡曲を日本を代表する大衆文化にすることを目指して活動していた。そのためにまず不可欠なことは歌に対する姿勢やマナーを確立することであると力説。不作法に対しては誰人であろうと一喝する厳しい態度を示していた。

アンヌさんで経験したことに理論的な裏付けが得られたのだ。

久々に訪ねた「アンヌ」さんはやはり凜とした雰囲気で清々しかった。自他共の歌に集中できることは何よりのやすらぎである。

SOUND&SPACEアンヌ
大阪市西区九条南2-7-4
06-6583-8878  

Posted by 沙門宏幸 at 20:35Comments(0)