プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2015年04月25日

久々に穂乃実です

3か月ぶりかな。4/19で3歳だそうな。早いな。3年前、昭和青春館でライブやった日だったね。

ママ(章ちゃんです)と一緒にパンケーキを作ってくれました。アイスクリームのせ。しょってるねぇ。

この前、パパと一緒に曽爾村のアニマルパークに出かけたそうな。その時たまたま奈良テレビの取材があって、おにぎりを食べているところがニュース番組に3~4秒出たんだって。その録画を見せてくれました。嬉しかったんだろうな。7回くらい繰り返して…。  

Posted by 沙門宏幸 at 08:38Comments(0)

2015年04月24日

新・千里教室オープン

4/14(火)、千里教室が新たなスタートを切った。

よみうり文化センターの閉鎖に伴い、受講者の皆さんにご希望を伺ったところ、ほとんどの方が継続受講を希望してくださった。

会場決定がやや難航したが、千里中央駅直近のカラオケボックス「ウィング」で開設することになった。

その第一回目。内容は前身をほぼそのまま踏襲しているものの環境が変わればやはり勝手が違い戸惑うもの。前日に予行演習に来ておいてよかった。

逆に言えば気分一新、新鮮さを感じた。“よみうり”という手かせ足かせ(失礼!)がないのもよい。

ともかくスタートを切った新・千里教室を暖かく見守ってください。  

Posted by 沙門宏幸 at 21:19Comments(0)

2015年04月17日

第4回合同発表会

上半期の山場、沙門歌謡教室の合同発表会を4/11盛会裡に終えることができた。

今回も参加者の皆さんの力で素敵な発表会にしていただいた。

私自身、会場最後部ですべての歌を聞かせていただいた。
ステージの歌唱者は、それぞれの課題を克服するために積み重ねて練習の成果を渾身の歌唱で示してくださった。

そしてその歌を聞く客席の参加者の姿勢がさらに素晴らしかった。歌唱中、頭がほとんど動かないのだ。歌唱者の歌をしっかり受け止めているからであろう。

訴える歌唱者の気、受け止める聴衆の気…この気と気の“合い”こそが発表会の質の高低を決定づけると信じる。

来賓の岩橋氏の「拍手に温かさを感じる」という感想が何よりも嬉しかった。

ご参加の皆さん、運営に携わっていただいた方、M's2のひとみママさんとスタッフの方々…本当にありがとうございました!!  

Posted by 沙門宏幸 at 21:36Comments(1)

2015年04月05日

語り歌う昭和歌謡

4/4(土)、新曲研究会(新曲視聴会)が和歌山県立図書館ふれあいホールで。

演歌・歌謡曲の啓蒙・伝播をより広くとの狙いで会場と内容を新たに。

前半の新曲研究会は従来の視聴会と変わらないが、後半のミニライブは“昭和歌謡史を語り歌う”とテーマを設けて行うことになった。その1回目。

今回は昭和以前の“流行り唄”と昭和以後の“流行歌”について。日本歌謡史に明確な一線を画する“レコード歌謡”の始まりが主な内容。

昭和以前のくだりで初めて「・オッペケペー」を歌った。ラップに近いと思った。

それにしても自分が生まれてもいない時代の歌が深く心に残っていて、新曲のほとんどが耳にも心にも残らないのは何故だろう。  

Posted by 沙門宏幸 at 12:17Comments(0)

2015年04月02日

第11回孫市まつり②

本番当日…雨。加太桜鯛まつりに続いてまたしても。雨天決行だから腹は決まっていたが。

本番まぎわまでシナリオとにらめっこ。とにかく必死で覚えた。

奈良・大阪から歌友が応援に駆けつけステージ前で観覧してくれたのですっかり気分が落ち着いて楽しんで演(や)れた。ありがたいことだ。

ステージ半ばから雨もあがり何とか無事終了しました。ありがとうございました。

ps. 雑賀孫市という人物、もう少し掘り下げるとおもしろそうだ。  

Posted by 沙門宏幸 at 08:46Comments(0)