プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2015年05月28日

第14回ミニ発表会

5月24日(日)。24名満席。スッキリと流れよくまとまった発表会だった。

ゲストは奈良の岡田亘弘さん。民謡畑20年、歌謡曲で15年。歌にも年期が感じられる。「昭和放浪記」「越名恋唄」を熱唱。歌に向かう姿勢に真面目さと意欲が現れていた。参加者は好印象を持った。

小粒ならも質のよい発表会を目指してやってきたが、その趣旨と思いが徐々に理解を得られるようになってきたのだろうか。次回7月26日(日)のミニ発表会にすでに約半数の参加申し込みをいただいている。嬉しいことだ。  

Posted by 沙門宏幸 at 08:41Comments(0)

2015年05月18日

名物レコード店紹介

月刊カラオケファン7月号“名物レコード店訪問”のコーナーに岩喜演歌商店が紹介された。

地元アーティストにスポットをあて和歌山のミュージックシーンを盛り上げていこうとする地域密着型の経営姿勢、インターネットTVによる番組制作やネット販売、月例の新曲試聴会の取り組み等々、普段身近で当たり前のように見聞きしていることが、改めて紹介されてみるといかに画期的なものであるかを認識することができた。  

Posted by 沙門宏幸 at 16:40Comments(0)

2015年05月17日

“和”2015年5月

10日夜、急に思い立って。

いつに変わらず満席。カラオケ全盛期さながらの盛況ぶり。業界の奇跡か。

繁盛すればするでオーナーにしか分からない悩みがある。最近ママさんが店閉まいを考えていると人づてに聞き驚いた。お客様方がみんなで懇願して引き止めたそうだが、それもまた珍しい。

ともかく今日はママさんの元気なお顔を拝見できて安心した。大変だと思うが現代カラオケ業界の希望の灯を消さないで欲しい。

ママさん、頑張ってください!  

Posted by 沙門宏幸 at 22:19Comments(0)

2015年05月14日

愛ちゃん発表会

カラオケ「愛ちゃん」(泉南市)の3周年記念発表会が5/10(日)阪南市のサラダホールで開催された。

開演時の10時には出演者や観覧者が大勢つめかけ、始めから熱気に包まれていた。

総勢130名を超える出演者。それぞれに個性を発揮したステージに終始、客席から声援が飛んでいた。

ママさん(永井文代さん)のご厚意でゲストでお招きいただきオリジナル「街道紀行」「あの人どこに」の2曲を歌わせていただいた。

髙田先生、橋さんはじめ多くの応援をいただき、しっかりとステージを務めさせていただいた。

主催者やスタッフの方々の熱意が肌で感じられる素晴らしい発表会であった。  

Posted by 沙門宏幸 at 08:42Comments(0)

2015年05月07日

第2回昭和歌謡史

5/2(土)和歌山県立図書館にて。

今回は戦前戦中編。

テーマ①映画と流行歌。昭和の流行歌は映画とタイアップして世に広まった。始まりは『東京行進曲』(佐藤千夜子)。まだサイレント映画の時代。楽団とナマ歌による主題歌が映画館で聞けた何とも贅沢な時代だ。トーキー映画の時代(昭和10年頃から)に入って一世風靡した初のビッグヒットは『旅の夜風』(霧島昇&ミス・コロムビア)。映画『愛染かつら』の主題歌である。
映画・流行歌ともに相乗効果大。歌を流行させる上で映画は不可欠となり、映画に主題歌はつきものとなった。

レコード会社としてはいかなる方法を駆使しても売りたいというところか。

テーマ②戦時歌謡。軍隊が兵士を鼓舞するために作ったのが軍歌。軍部政府の意向を受けたレコード会社が国民へのプロパガンダ(PR)を目的として作ったのが軍国歌謡。軍国歌謡に戦時下発売された一般の歌謡曲を加えたものが戦時歌謡。したがって戦時下の流行歌=戦時歌謡と言っても差し支えないだろう。

レコード会社は軍部の意向にも迎合し、片や国民の心情をも巧みにつかみ作品化する。歌を流行させる=売ることを目的とするのであれば当然と言えよう。“売れるは善”ということか。

『麦と兵隊』『暁に祈る』『同期の桜』…軍国歌謡の名曲に共通する哀調が心の襞にしみる。勇ましい軍歌はほとんど心に残らないが…。

戦時下、戦地の兵士たちの間で広く愛唱された歌の一つ『別れのブルース』。「戦争は哀しいもの。だからいくら勇ましい歌を押しつけても心に響かない」と歌い手の淡谷のり子さんは言う。黒人奴隷の哀しみ、その魂の叫びから生まれたブルースだからこそ、戦地で戦う兵士たちの心に沁みたのであろう。

軍国歌謡忌み嫌うべからず。悲惨な戦争、未曾有の敗戦を経験した日本が生み出した音楽文化として忘れず歌い継ぐべきであると思う。

おかげさまで今回もたくさんの事を勉強させていただきました。このような機会を与えてくださった方、ご多忙な中、拙い話と歌をお聞きくださった方々、本当に感謝です。ありがとうございました!  

Posted by 沙門宏幸 at 18:35Comments(1)