プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2015年07月16日

訂正

前稿中、「支持」は「指示」の誤りでした。  

Posted by 沙門宏幸 at 12:43Comments(0)

2015年07月16日

政治への幻滅と怒り

今に始まったことではありませんが…。

祖父の亡霊に取り憑かれた愚かな孫が、権力という刃物を振り回して、大多数の国民が理解も望みもしていない戦争法案を躍起になって作ろうとしている。岸ー安倍家の私情を政治に持ち込むな!

公明党…何してんの?あなた方の意思で動けないのはよく分かってます。母体・創価学会からの支持が出てるんでしょ。学会員にも反対者は多いはず。元凶は創価学会政治部=公明党を何としても政権に入れておきたいドンを中心とする学会本部。実に見苦しい。党も母体もエセ平和主義。“平和”の看板を降ろせ!

一方では国民のご機嫌取りみたいな新・国立競技場の予算見直し。国民をバカにするのもいい加減にしろ!

仕事がらふだん政治的発言はあまりしないのですが、あまりのていたらくに…。  

Posted by 沙門宏幸 at 08:12Comments(1)