プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2016年01月26日

第17回親睦ミニ発表会

1/17(日)、本年初のミニ発表会開催。定員24名のフル参加でスタート。熱唱につぐ熱唱が終始続いた。

ゲストは岩出市のミュージック・カフェ「木いちご」の田中みゆきさん。「海鳥哀歌」「長編歌謡 九段の母」を披露。感動を与えていた。

次回は3/27(日)、ゲストに歌謡講師・野口雅衣さんを迎えて開催する予定。  

Posted by 沙門宏幸 at 11:32Comments(0)

2016年01月19日

初・新曲研究会

1/9本年初の新曲研究会。昨年新装なった岩喜演歌商店にて。

新曲試聴27曲。今月も多作多売か。秀作もあったが枠を打破する曲がなかなか現れない。

“歌いましょう”のコーナーでは、昭和歌謡『東京行進曲』、新曲『十勝望郷歌』をミニレッスン。みなさんで歌いました。聞くのもいいですがやっぱり歌った方が楽しいな。  

Posted by 沙門宏幸 at 13:53Comments(0)

2016年01月14日

年末年始の出来事(2)

12/30お墓参り。丹波市へ。ローソク、線香、お供え物厳禁の合理的な墓地。好天に恵まれしばしドライブ。  

Posted by 沙門宏幸 at 08:34Comments(0)

2016年01月12日

年末年始の出来事(1)

12/28、休みの初日、朝から穂乃実ちゃんにお年玉宅配。午後、奈良のカラオケ喫茶フレンズさんの最終日にお邪魔。夜、ジュニア貴明君のマンションに泊めてもらった。

梅田のワインの店に勤めるジュニアの帰宅を待つ間、近くの土佐堀川河畔を散歩した。(写真上)深夜の大阪の街もなかなかロマンチックなものだ。

1時すぎに帰ってきたジュニアの誘いで彼の先輩水杉夫妻が経営する自然派ワインの店「PASSE」(写真下)へ。歩いて3分ほど。白ワインを二杯。深夜2時をまわってもまだお客さんが続々と。紀の川市では考えられない。大阪は寝ない街か。

ともあれ自分のつながりをしっかりつくりながら世の中でどうにか生きてる姿を見て安心、というよりも共感を覚えた。
  

Posted by 沙門宏幸 at 10:57Comments(0)

2016年01月07日

新年を迎えて

明けましておめでとうございます。

ちょっと遅めの新春抱負です。

スローに生きます。競べずに生きます。感謝して生きます。

日がな一日、大好きな歌に向き合えて、何の不足不満がありましょうや。歌と共に生きてあることに感謝!

  

Posted by 沙門宏幸 at 09:36Comments(0)