プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2016年02月11日

横山夫妻ご来店!

2月7日(日)、滋賀から横山ご夫妻がご来店。約4年ぶりの嬉しい再会となった。

夫妻と初めて出会ったのは2010年の8月。お盆の休みに滋賀・京都を旅した折りであった。昼間、比叡山に登り、夜ふもとの街の「ひだまり」というカラオケスタジオに立ち寄った。確かオーナーが加納ひろしさんのファンであったと記憶する。そこにお見えになっていた。

共に歌い楽しむうちに意気投合。とくに私達夫婦が歌った「かんにんしてや」(佐川満男・永田カツコ)を大変気に入ってくださった。

福祉関係の「雑草の会」という団体を主宰されており、秋には会主催によるカラオケ発表会にもお招きいただいた。「ぜひ…」というリクエストの一曲はやはり「かんにんしてや」だった。

幾度かの行き来の後、すっかりご無沙汰をしてしまったが、ありがたいことにお知り合いのご夫婦とご同伴でおいでくださったのだ。

相変わらずすごくお若い。(とても私達よりワンラウンド強アップとは思えない)ご主人はダンディーで主として洋楽を好まれる。奥様はすごくオシャレでこの日もハイヒール姿。歌声はきれいなソプラノ。一般にカラオケスタジオではあまりお見かけしないタイプだ。

はるばる滋賀から和歌山のはずれのスタジオにおいでくださった温かいお気持ちにただただ感謝!
  

Posted by 沙門宏幸 at 10:49Comments(0)