プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2015年03月08日

試聴会、新展開へ

3/6(金)、岩喜演歌商店での新曲試聴会にひとまずピリオド。

2009年に地元和歌山のFM番組として始まった試聴会。FMを離れ、演歌商店を会場として単独開催するようになってから足かけ5年になる。

4月から第一土曜日・午後3時から、会場を和歌山県立図書館(2Fふれあいルーム)に移して開催する。

演歌・歌謡曲のさらなる啓発・啓蒙を目的に名称も「歌謡曲今昔物語」と改める。内容は①最新曲の試聴会②昭和歌謡史の探訪…と名称通り。古き良き時代を訪ねると共に、新しい時代の演歌・歌謡曲を模索してみようという試みだ。まさに温故知新。

前半は従来の新曲試聴会を踏襲。後半は沙門宏幸の“チョークをマイクに持ち替えて”の昭和歌謡史版。新旧の歌謡曲を楽しめる約2時間になろう。

第1回は4月4日(土)15:00~17:00。当面はテスト版として6回計画で行う。

乞うご期待・ご来場!

Posted by 沙門宏幸 at 09:40│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。