プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2015年08月28日

追悼

大阪十三・スタジオSDのマスターの訃報を聞いた。

カラオケ愛好家、とりわけ大会出場者の多くはカラオケ録音などでお世話になったことだろう。私も約10年間、月に一・二度歌の録音のために十三に通った。作ってもらったカラオケテープも100本を越えた。

プロ・アマ問わず、ハイレベルな音響技術でその名を知られていた。頑固なまでの徹底したプロ意識。妥協を許さない音創りへのこだわり。仕事中は近寄り難かったが、時折手招きして呼んではいろんな機器の説明をしてくれた。「すごいですね。」と答えはしたが、ほとんど分からなかった。

リクエストカードに名前を書かないで出すお客さんがいると「続いて名無しの権兵衛さん。どうぞ」とチクリ。「ここでコマーシャルです。当店のキーコンは百分の一刻みで…」などと突然の機械自慢。面白い人だった。

お客さんがいない時、お話をする機会が何度かあった。聞けば何と同じ大学の先輩で、かつてはプロのドラマーだったそうだ。そんなこともあってか私が店を始める時、税金対策まで親切に教えてくれた。

ご無沙汰して7年になろうか。突然の訃報にかなりのショックを受けた。知らせてくれた人の話によれば10日ほど前に店に行った時、「ふらつく」と言ってそうだ。

一つの時代が終わったような気がする。淋しくもあり悲しくもある。

ご冥福をお祈りします。

Posted by 沙門宏幸 at 22:43│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。