プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2016年03月29日

ありがとう「和」さん

堺市・八田西町のカラオケスタジオ「和」(なごみ)が3月29日で閉店する。

業界を取り巻く情勢下、カラオケスタジオの閉店は珍しい話ではない。だが「和」の場合はちょっと違う。

ふらっと立ち寄った一元客の私たちを飾らない素朴な笑顔で見送ってくれたママさんの温かさにひかれ、通い始めて3年。月に1、2回程度だが、お邪魔した時はいつも20名を超えるお客様がいた。地元の知人に聞くと昼も夜も大抵そうらしい。

流行らないで閉店ならやむを得ないが、流行ってるのに店仕舞いというのはどう考えても割り切れない。詳しい事情は知るべくもないし、憶測で口を挟むべきでもない。この決断に至ったママさんのこれまでの心身にわたるご苦労にただただ思いを馳せるだけである。

「和」の魅力はまず何と言ってもママさんの控えめでいながら真心の笑顔で接してくれる温かい人柄であろう。商売気たっぷりの笑顔やお愛想にはよく出会うが「和」ママにはそれが微塵もない。

「和」のもう一つの魅力はお客様が温かい。アットホームなのだ。だからと言って何でもありのハチャメチャではない。歌う人も真剣、聞く人も真剣。マナーが自然に守られているのだ。人が大勢集まっても歌う人そっちのけでしゃべる、笑う、立ち歩く…そんな店は多い。どんなに人が集まっても「和」は静かに歌を楽しめる…そんな店だった。

歌を愛する人間として、また生業を同じくする者として、「和」は大きな勇気と希望を与えてくれました。ママ(吉福和子)さん、ママさんのお店は終生思い出と記憶に残る大成功のお店でした。ありがとうございました。お疲れさまでした。

Posted by 沙門宏幸 at 07:11│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。