プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2016年11月24日

岩出和也プレミアムライブ

11/20(日)岩出和也プレミアムライブ。和歌山県民文化会館大ホール。

懐かしい会場。高校三年生の時、この会場で「走れメロス」の劇をやった。僕がメロス、セリヌンティウスは森君だったか。7年前、デビュー2年目。「ご当地ソング・歌謡ブルース決勝大会」にゲストで出た。それ以来だ。

不思議にドキドキもアガリもしなかった。平常心ってこれかな。半年前から小一時間早朝ウォーキングを続けてきた。ステージ用のタキシードがきつくなってきたので何とかしないととの思いからだった。間に合った。一月前から歌う曲(「街道紀行」「加太いってのもらよ」)を一日最低2回そらで歌って練習した。この二つは本番当日もやった。平常心は気持ちの持ち方ではなく平常な生活から生まれるのかもしれない。会場が想像していたよりも小さくて呑み込めたことも幸いした。

5分くらいのステージだったがイメージ通り、やりたいことは全部やった。

お忙しい中また遠路、応援に駆けつけて下さった皆さま、本当にありがとうございました‼

Posted by 沙門宏幸 at 09:35│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。