プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール


和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる




[PR]ワインをお求めなら、
うきうきワインの玉手箱
[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2017年03月09日

3月新曲研究会

3/4(土)、恒例の新曲研究会&歌謡曲今昔物語を県立図書館ふれあいルームで。参加者は過去最高28名。

3月後半から4月にかけて発売される新曲を28曲試聴。総体的には何を伝えようとしているかが明確な歌、メロディーラインがはっきりした歌が好評だった。
一番人気は永井裕子の「飛鳥川」(3/22発売)


今昔物語では、まず2/16に亡くなった船村徹先生追悼の意義を踏まえ、「別れの一本杉」を。作詞者・高野公男との苦節の日々や男の友情、春日八郎との出会い、高野の死…など、作品誕生の背景に触れながら共に歌った。

新曲は丘みどりの「佐渡の夕笛」。前作「霧の川」のテーマと曲調を継承した秀作。進境著しい若手演歌歌手の作品とあって愛好家に歌われていくだろう。そこでタイムリーな選曲を…。なかなかに歌い応えのある曲だった。

お集まりの皆さんは真剣に取り組んでくださるのでやりがいがあるし、励みにもなる。ありがたいことだ。








Posted by 沙門宏幸 at 15:57│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。