プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2018年11月11日

11月11日の記事

デュオ…。いつの頃からか一郎さんと始めたデュオ。男同士が共に歌を楽しんでいるのに、これをやらない手はない…。元来、デュオはおろかデュエットもほとんどやらない自分が、不思議にやってみたくなった。やはり土曜日夜の集いが楽しかったのだ。

「浪漫」「野郎たちの挽歌」「蒼い国境」「夏の終わりのラプソディー」「サライ」「ハートブレイク・ダンディー」…結構いろいろやった。ミニ発表会や「歌の宝石箱」を目標に練習したものだ。仕事にかまけてなかなか覚えられず、お待たせしたことも随分あった。

でも楽しかった‼文句なしに心が弾んだ。デュオを楽しむきっかけは一郎さんが作ってくれた。



Posted by 沙門宏幸 at 15:56│Comments(1)
この記事へのコメント
本当に楽しみながらデュオをさせて頂いていましたね。
衣装も毎回エスカレートして舞台袖で大受けでした。

沢山のレパートリーが出来ましたが、私が1番好きなのは ちょい悪Vintage Boysでした。
ふたりの、まるで掛け合い漫才(ごめんなさい)のような茶目っ気のある歌い方は抜群でした。
今でもあのイントロがかかった時のドキドキワクワク感は覚えています。

また聴きたいなぁ。
Posted by Sakura at 2018年11月12日 01:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。