プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2018年02月08日

2月新曲研&今昔物語

2/3(土)、県立図書館にて。新曲23曲試聴。一番人気は2月28日発売の「無情の波止場」(原田悠里)。スケールの大きい本格派演歌だ。

今昔物語はナツメロは「東京だヨおっ母親さん」(島倉千代子)、新曲は「うたかたの女」(市川由紀乃)を歌った。

新曲研究会(試聴会)もいつの間にか100回を超えた。5/5(土)には県立図書館の大ホールで“沙門宏幸の歌謡曲今昔物語フェスティバル”を開催することとなった。詳細は次回に。  

Posted by 沙門宏幸 at 09:10Comments(0)

2018年02月01日

当麻の里…冬の夕暮れ

1/31(水)、久しぶりに当麻を歩いた。

名刹・当麻寺、ぼたんの石光寺、相撲発祥の地、そして私が教員生活の第一歩を踏み出した地だ。

寒さ厳しい冬の夕暮れ、散策する人影は皆無。里の風景を独り占めしたような気分に浸る。

当麻寺塔中を通り抜けて傘堂へたどり着くと眼前に二上山が迫る。引き返してお気に入りの文具店・文晃堂へ。筆や便箋が多種で嬉しい。石光寺に着
くと閉門の最中。二上山を背景にする門前の凛とした佇まいに襟を正す。里の道、歩みと共に形を変える二上山。しばし命の洗濯ができた。  

Posted by 沙門宏幸 at 09:29Comments(0)

2018年01月30日

「Sky」にて…

和歌山市小雑賀のミュージックステージ「Sky」。最近(と言っても一年あまり前から)よく訪れると自他ともに認めるお店だ。入り浸っているという噂も
…。まあ、週一でそれはないだろうし、常連のお客さま方に失礼だ。

何が気に入ったか。

①歌を大切にしている。ママさんの歌に対する姿勢だろう。

②お客さまも真剣に歌っている。研究心旺盛で聞くマナーもよい。

③歌好きには居心地のいいアットホームな雰囲気。かと言って騒がしくない。

つまり歌う立場から言うと歌い甲斐があるのだ。僕的には和歌山屈指。   


      

Posted by 沙門宏幸 at 15:43Comments(0)

2018年01月11日

うっすら雪化粧

1月11日(木)、朝7時ごろの散歩道。竜門山を背景に田畑は雪化粧。風がないので見た目ほど寒くはない。この程度の雪でさえこのあたりでは珍しい。  

Posted by 沙門宏幸 at 16:53Comments(0)

2018年01月11日

レッスン開始

1月9日(火)、レッスン初日。千里中央へ。風が強い日。

今週は10日香芝、11日小阪、12日紀の川と一通り始動する。
さあ、仕事だ!!
 
  

Posted by 沙門宏幸 at 08:56Comments(0)

2018年01月09日

2018年始雑感③

1月6日(土)、本年初の新曲研究会。全31曲試聴。歌謡曲今昔物語では「カスバの女」(エト邦枝)と「千年の恋歌」(神野美伽)を歌った。昭和と平成どちらも30年作品にこだわった。不遇に折れず「カスバ~」を愛し歌い続けた不屈の歌手魂に感服。
5月5日(土)に100回記念のイベントを開催予定。  

Posted by 沙門宏幸 at 14:08Comments(0)

2018年01月09日

2018年始雑感②

1月3日(水)、スタジオみえこ営業開始。ママさん元気。何よりだ。年末(12/20~21)丹後半島夕日ヶ浦へ。蟹を堪能したのが効いているか。蟹が大好物の人だ。  

Posted by 沙門宏幸 at 13:11Comments(0)

2018年01月09日

2018年始雑感①

1月2日(火)、昨年と同じく御堂筋をミナミからキタへテクテクと。人波の多い難波~心斎橋を抜けると本町~淀屋橋のオフィス街は人影もまばら。歩くこと小一時間で梅田に着いた。母校・関大梅田キャンバス、大工大の高層ビル…変わった。ジュンク堂で歌謡曲の本5冊購入。勉強しよう‼    

Posted by 沙門宏幸 at 12:58Comments(0)

2017年11月24日

東福寺通天橋

11月24日、隼平君が通うたんぽぽ作業所の親睦旅行。京都・東福寺へ。

最適な見ごろはやや過ぎた感はあったが、まだまだ凄い人の波。行きと帰りの観光客で道路も順路もぎっしり。

短い時間ではあったが、しばし京都の秋を楽しむことができた。  

Posted by 沙門宏幸 at 15:15Comments(0)

2017年11月18日

トホホ…

11/18(土)、今日は大切なミュージックスタジオSkyさんの七周年発表会。ゲストで歌わせていただく予定だったのに、「急性声帯炎」で欠席。穴をあけてしまい慚愧、慚愧。

月曜から少しのどに違和感があった。でも大したことないと火曜日・水曜日、レッスンで声出しつづけたらとうとう声がしわがれて、歌はおろか会話さえできなくなった。

木曜日、慌てて耳鼻咽喉科で診察を受けたら“急性声帯炎、全治一週間”と。土曜日の出番に何とかと、静養と投薬治療に努めたけれど、今朝歌ってみたらあまりにひどい。ただの雑音。それで主催者さんに陳謝して欠場してしまいました。

すべては自己管理の不行き届き。二度と同じ轍を踏まないことを心に刻みつけるためのお恥ずかしいブログでした。





  

Posted by 沙門宏幸 at 12:12Comments(0)

2017年11月09日

入山アキ子さん来る‼

11/4(土)の新曲研究会にテイチクレコードの入山アキ子さんがサプライズ(?)で来場された。

「紀淡海峡」以来、すっかり和歌山のカラオケファンに定着したその人気。今回は新曲「知床岬」を引っ提げての来演に参加者は大喜び。前記2曲を披露してくださった。

とくに「知床岬」は偶然にも(?)この日みんなで歌うことになっていたので、参加者は資料の楽譜を見ながら歌手本人の歌を聞くというちょっと異様な風景とはなったが…。

ともかく歌手の生歌で新曲を聞き、さらにその歌を覚えて帰れるという贅沢なひと時になった。ちなみに参加者は35名。過去最高を記録した。Good‼  

Posted by 沙門宏幸 at 08:54Comments(0)

2017年10月26日

10月今昔物語

この日のキーワードは「明治一代女」。

懐メロは「明治一代女」(新橋喜代三)。川口松太郎の小説が新派の舞台劇に。さらに映画 た時の主題歌。昭和33年のこと。

新曲は「命の花よ」(藤あや子〉。9月に歌手生活30周年記念特別公演を明治座で行った。藤が主演の芝居の演目は「明治一代女」。「命の花よ」はそのイメージソングで、作詞・小野彩(藤自身)、作曲・原譲二という話題作だ。

「明治一代女」の今昔を味わって歌った。  

Posted by 沙門宏幸 at 17:14Comments(0)

2017年10月22日

幻のミニ発表会

本日(10/22)開催予定の第26回親睦&ミニ発表会は台風21号接近のため、中止と決定した。

当店・当教室主催のイベントでは初めての事態であるが、何よりも参加者の安全を最優先して判断に到った。

今回は幻のミニ発表会となったが、年末のクリスマス&忘年会をミニ発表会形式で開催する方向で再検討している。ぜひご参加を‼  

Posted by 沙門宏幸 at 09:55Comments(0)

2017年10月04日

自民党の太鼓持ち

9/30、千葉県市川市での街頭演説で「衆議院解散に大義なし」とする野党の主張に対して「頭の乏しい人」と発言した山口那津男公明党代表。

解散の意義が不透明、加計・森友疑惑逃れ…という主張は野党議員のみならず、有権者の約7割が感じていること。大多数の国民を愚弄し、敵に回した山口那津男氏こそ、「庶民感覚の乏しい」政治家だ。

大衆の中に生き、大衆の中で死んでいく…これが公明党の結党精神ではなかったか。もはや地に墜ちた。自民党に媚び、なりふりかまわず政権に執着する姿。一宗教団体の番犬であり続けようとする意図。

わけのわからぬまま、宗教活動の一貫として一生懸命応援してる親戚には悪いが、この党にも支持母体の宗教団体にも未来はない。  

Posted by 沙門宏幸 at 22:51Comments(0)

2017年09月29日

下鴨神社古本市

8/14、京都下鴨神社の古本市を歩いた。鴨川と高野川の合流地点。歌謡曲の舞台にも。

丹念に見れば三日はかかりそうな店舗と書籍数。学生の頃に見たタイトル、古本の匂い、擦れた表紙の手触り…五感がタイムスリップする。

非日常な時間と空間に心いやされるひとだった。
  

Posted by 沙門宏幸 at 10:45Comments(0)

2017年06月22日

6月歌謡曲今昔物語

6月3日(土)、13:00~、県立図書館にて。28名のご参加をいただきました。

前半は未発売の新曲33曲試聴。島津亜矢の「心」が推薦曲に選ばれた。楽しく歌った。

みんなで歌う“今昔物語”のコーナーでは「憧れのハワイ航路」(岡晴夫)「飛鳥川」(永井裕子)をそれぞれ  

Posted by 沙門宏幸 at 08:38Comments(0)

2017年06月08日

第24回親睦&ミニ発表会

5月28日(日)、みえこ主催親睦ミニ発表会。今回で24回目。隔月だから4年続いている。参加者のご理解とご協力のたまものである。

参加者は22名。今回が初参加の方も。まだまだ広がりがみられるのは喜ばしい。

各参加者の熱唱に加え、ゲストにオール近畿歌謡連盟会長の高田秀一氏を迎え、渾身の歌唱をご披露いただいた。

最後は高田氏と沙門のユニット“落人”で『野郎たちの挽歌』を歌い会をしめくくった。

次回第25回は7月23日(日)。ゲストは和歌山市のカラオケ喫茶セピアのマスター、北川誠志氏。奮ってご参加ください。  

Posted by 沙門宏幸 at 08:53Comments(0)

2017年05月30日

歌の宝石箱2017

スタジオみえこ恒例の「歌の宝石箱2017」が9月24日(日)、紀の川市田園ホールで開催されることになった。

年度当初は10月29日(日)の予定で計画していたが、紀の川市の文化行事が開催されることになり、急きょ日程を変更した。

本年はゲストは西本桂子さん。和歌山市民歌のチャンピオン、さらには関西演歌大賞など数々の名だたるコンテストでグランプリを獲得し、現在は西本桂子ミュージックプランニング主宰として多くの受講生を育成している。胸を打つ歌唱が期待される。

またアトラクションとして、昨年に続き新舞踊の橋仁太郎さん、新たにタップダンスの田中美和さんが「宝石箱」に花を添えてくれる。

そして何と言ってもメインは出演者のフルコーラス歌唱。時間の関係で約70名を予定しているがぜひ奮って出場を‼

当初よりひと月あまり前倒しになったが、全力で取り組んでいきたい。  

Posted by 沙門宏幸 at 15:58Comments(0)

2017年05月09日

京都歩き⑨ゴール京都駅

16:00京都駅着。京都タワーを臨む。8:00に哲学の道からスタートした京都歩きは約8時間。休憩を含むそぞろ歩きではあったがまぁよく歩いた。歩数計によれば約37000歩。達成感あり。

今後もテーマを決めて京都歩きをしてみたい。大路小路を一本ずつ端から端まで歩くとか、鴨川べりを端から端まで歩くとか…。鳥瞰するように見るのも大事だが、その地は歩いてみると見方が変わる。  

Posted by 沙門宏幸 at 19:54Comments(0)

2017年05月09日

京都歩き⑧五条大橋~七条・両本願寺

ちゃわん坂を下りて五条通りを西へ。♪京の五条の橋の上♪を渡る。

烏丸五条まで出ると南に京都タワーが見えた。何となく安心。
烏丸通りを南へ。東本願寺を通って七条通りへ。西へ歩いて堀川通りにぶつかり北進。西本願寺にたどりついた。

京都歩きもラストに近づいた。  

Posted by 沙門宏幸 at 19:06Comments(0)