プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2016年12月27日

クリスマス&忘年会

12/11(日)「みえこ」主催のクリスマス&忘年会。

体調不良のため4名の方が欠席。それでも19名のお客様が参加。年末のひとときを共に歌で楽しんだ。  

Posted by 沙門宏幸 at 10:30Comments(0)

2016年12月24日

朝日新聞和歌山版に…‼

臨時ニュース。

12月23日付の朝日新聞和歌山版のコラム「ときめく楽音生活」に沙門宏幸の活動が紹介された。

内容は月に一度、第一土曜日の午後1時から和歌山県立図書館で開催している「歌謡曲今昔物語」に関するもの。

筆者はLURU MUSIC代表・岩橋和廣氏。「~今昔物語」の前身「新曲視聴会」を企画・立案しFMで、演歌商店店頭で、約7年間に渡って開催。第一回目からアシスタントとして一緒にやらせていただき、多くのノウハウを教わった。さらにミニライブの機会までいただき、下手ながら精一杯取り組んだ。おかげで多少なりとも力を蓄えることができたように思う。

演歌・歌謡曲をどのように考え、何をやりたいか…私を最もよく知る岩橋氏の「歌の伝道師」という表現はさすがに面映ゆいが、これからも日本を代表するこの素晴らしい大衆文化を語り歌い伝える営みを自分の足の裏の大きさで続けていきたい。


  

Posted by 沙門宏幸 at 14:15Comments(0)

2016年12月22日

“大阪城”…何と読む?

12/8東大阪市のカラオケスタジオ「大阪城(だいはんじょう)」さんにお邪魔した。いかにも大阪らしい洒落っ気たっぷりの店名だ。歌手で作曲家、原田ヒロシさんの命名という。

綱島美和子ママが切り盛りする年季の入ったお店で人情味もたっぷり。地元東大阪市の歌手・内田あかりさんの実兄、大形正一さんもよく出入りされている。この日もわざわざお顔を見せてくださった。

来年11月5日(日)に大阪市のホテルアウィーナでMOミュージックライブと銘打って発表会を開催するとのこと。ゲストは内田あかりさん。これは見逃せない。  

Posted by 沙門宏幸 at 20:32Comments(0)

2016年12月22日

娘と孫

く12/7(水)、香芝レッスンの帰り
久々に娘(章子)宅へ。孫(穂乃実)の白玉ぜんざいのもてなしを受けた。

4歳なった。早いもんだ。ライブの準備で朝からドタバタしている最中に誕生の知らせを受けた。4月19日だった。

言うことやること、おしゃまだがしっかりしてきた。今度の年賀状の宛名書きは「~ちゃん」から「~様」に昇格だ。  

Posted by 沙門宏幸 at 09:06Comments(0)

2016年12月20日

夜のハルカス

12/6(火)クリスマス&忘年会の景品調達のため日本橋へ。

夕刻、天王寺駅まで歩く。夜のハルカスをこの位置と距離から見るのは初めてだ。なかなかに美しい。  

Posted by 沙門宏幸 at 14:39Comments(0)

2016年12月13日

ハプニング!12月新曲研究会

いつも届いているはずの新曲ダイジェスト盤が発送元の都合でついに届かず。新曲リストはかろうじて作成したが試聴はなし。異例の新曲研究会となった。

後半の歌謡曲今昔物語。ナツメロは「リンゴの唄」。今年一年、戦前戦中の曲を中心に選んできたが、以後戦後の曲に移ろうと思う。その上で抜き差しならない曲であろう。

「りーんごーの」と間違って歌っているのをよく聞くが、「りーんーごの」と歌ってほしい。

新曲は「雪の兼六園」(葵かを里)。松の雪吊りやことじ燈籠など金沢のみならず北陸を代表する風景を偲びながら艶っぽく歌ってみたいものだ。

あ~行ってみたいなあ。

  

Posted by 沙門宏幸 at 12:07Comments(0)

2016年12月01日

根来寺かくばん祭

11/26(土)、岩出市の根来寺で毎年恒例のかくばん祭が開催された。

“かくばん”とは平安時代後期の僧・興教大師覚ばん上人のこと。真言宗中興の祖にして新義真言宗の始祖。根来寺を開いた。かくばん祭はその威徳を偲び讃える年中行事だ。

このお祭りに大正琴の琴泉耕友会の方々が例年出演している。中心者の長谷さんはカラオケスタジオみえこのお客様。「歌の宝石箱」にも二度ご出演いただいた。そんな繋がりから今回のかくばん祭に共演させていただいた。

大正琴の伴奏で歌うのは初めての経験。5曲の演目の中、3曲目の「高原列車は行く」とラストの「長崎の鐘」を歌った。

晴れ渡った青空とコントラストをなすきらびやかな紅黄葉…そんな中、野外ステージでのびのびと歌えた。実に気持ちがよかった!

琴泉耕友会の皆様、ありがとうございました。  

Posted by 沙門宏幸 at 09:28Comments(0)

2016年11月24日

岩出和也プレミアムライブ

11/20(日)岩出和也プレミアムライブ。和歌山県民文化会館大ホール。

懐かしい会場。高校三年生の時、この会場で「走れメロス」の劇をやった。僕がメロス、セリヌンティウスは森君だったか。7年前、デビュー2年目。「ご当地ソング・歌謡ブルース決勝大会」にゲストで出た。それ以来だ。

不思議にドキドキもアガリもしなかった。平常心ってこれかな。半年前から小一時間早朝ウォーキングを続けてきた。ステージ用のタキシードがきつくなってきたので何とかしないととの思いからだった。間に合った。一月前から歌う曲(「街道紀行」「加太いってのもらよ」)を一日最低2回そらで歌って練習した。この二つは本番当日もやった。平常心は気持ちの持ち方ではなく平常な生活から生まれるのかもしれない。会場が想像していたよりも小さくて呑み込めたことも幸いした。

5分くらいのステージだったがイメージ通り、やりたいことは全部やった。

お忙しい中また遠路、応援に駆けつけて下さった皆さま、本当にありがとうございました‼  

Posted by 沙門宏幸 at 09:35Comments(0)

2016年11月22日

あびこ観音

吾彦山大聖観音寺…あびこ観音の正式な山号・寺号だ。観音宗総本山。

11月15日(火)はじめて訪ねてみた。高田教室(ワーズ)と目と鼻の先。数えきれないくらい通いながら一度も来たことがなかった。妙に感慨深い。女子高生が二人、何か調べ事か、スマホで写真をとったり、メモをしたり。

何気ない日常のこんなひと時が心を穏やかにしてくれる。  

Posted by 沙門宏幸 at 18:06Comments(0)

2016年11月22日

11月新曲研究会

11/5(土)県立図書館にて。
12月新譜など29曲試聴。その後「長崎の鐘」「命の恋」を見なさんと一緒に歌った。参加者13名。  

Posted by 沙門宏幸 at 10:46Comments(0)

2016年11月10日

たんぽぽ作業所小旅行

巣11/4(金)、隼平君が通うたんぽぽ作業所の小旅行で伊勢神宮へ。

バスで片道約4時間の行程であったが、何のトラブルもなく整然と集団行動ができていた。作業所での日常活動の中で培われてきたものであろう安心できた。

現地では内宮を参拝。敷き詰められた小さな砂利の道をゆっくりと歩いた。

宇治橋の鳥居近くに赤ふく本店がある。赤ふく餅のこしあんが波打っているのは五十鈴川の川面をモチーフにしているとガイドさんが話していた。ここのぜんざいは絶品7だった。15~20分待ちになるわけだ。美味い。

おかげ横丁あたりをぶらぶらしているうちに帰りの集合時刻がきた。滞在約2時間。

秋の一日、日常来れない場所を散策できたのは心身ともに癒しとなった。
  

Posted by 沙門宏幸 at 09:03Comments(0)

2016年11月08日

28周年K&Kカラオケまつり

11/3(木)、東大阪市のK&K歌謡教室の発表会に参加した。会場はホテルアウィーナ。

主宰の草開勝善先生はこの道28年。すごいキャリアだ。3分の1にも満たない自分が恥ずかしくなる。

約120組出演の大発表会。教室を中心に他教室やカラオケスタジオ協賛の壮々たる顔ぶれ。僭越ながら友情出演で「ラストシーン」を歌わせていただいた。
ゲストはその作曲者・原田ヒロシ(写真)。かつて約一年半師事した先生に久々にお会いできた。

粘り強く続けることの力強さ、人の繋がりの大切さを改めて学ばせていただいた。

  

Posted by 沙門宏幸 at 18:48Comments(0)

2016年11月08日

フレンズ「ポップスの日」

奈良・三郷町のカラオケ喫茶フレンズで月に一度-(第4日曜日)ポップスの日を設けていると聞き参加した。

いい雰囲気だった。ポップス(ほとんどポップス系歌謡曲)を軸に集まった人たちだけあって歌う人はもちろん聞く人もしっかり聞いていた。意識の散漫さがなく場が一つにまとまってるっていう感じ。これはやる価値ありと思った。

以前、大阪市西区の「アンヌ」というお店で逆の「演歌の日」というのをやっていた。この店はポップス系が好きな人の方が多く、やや肩身がせまい演歌愛好家の人たちから要望が出たようだった。演歌限定の日もあっていいのかもしれない。  

Posted by 沙門宏幸 at 11:32Comments(0)

2016年10月30日

歌の宝石箱2016開催

10/23(日)紀の川市田園ホールにて。

歌・大正琴・舞踊など総出演者約80名。

秋色歌謡メドレーの合唱にはじまり、1部から4部まで全員がフルコーラス歌唱。デュオありバックコーラスあり多彩。

間に大正琴演奏や新舞踊の披露もあり歌の集いに花を添えた。

圧巻はゲスト・宮本由紀さん。「悲恋歌」(倉橋ルイ子)「吾亦紅」(川中美幸)など3曲を熱唱、参加者を魅了した。




  

Posted by 沙門宏幸 at 22:06Comments(0)

2016年10月25日

さもんジュニア

10/2(日)歌の宝石箱3週間前
。アシスタント兼出演者のさもんジュニア・貴明君と練習。美章園のモカ・グレースにて。

5曲ほどレパートリーを思い出して歌った中から「金沢望郷歌」に決定。なかなかソフトで甘い声。かつては大会に出て優勝したこともある。磨けば光るのだが…。まあ、何に賭けるかは人それぞれか。  

Posted by 沙門宏幸 at 18:39Comments(0)

2016年10月18日

るーぷ閉店

藤井寺市の人気カラオケスタジオ「るーぷ」が9/29で閉店した。

同業を営むようになってからはお邪魔する機会も少なくなったが、以前はちょくちょく歌わせてもらった。

わたくし的には千数百軒たずねたスタジオのなかで五指に入ってた。ほとんどお話ししたこともないが、マスター職人気質を、ママには凛とした誠実さを感じた。派手な催しは一切せずひたすら歌好きなお客さんたちがしっかり歌える雰囲気づくりに専念されていたと思う。本当に安心と満足が得られる店だった。残念な気持ちで一杯だ。

長い間お疲れ様でした。またありがとうございました。  

Posted by 沙門宏幸 at 16:03Comments(0)

2016年10月18日

9月ミニ発表会

9月25日(日)、ミニ発表会。本年最終。ゲストは奈良の岡田亘弘さん。奈良三大大会のタイトル保持者。

出場者の一郎さんと沙門で文字通り「夏の終わりのハーモニー」を。(写真)

今回も楽しく、真剣に、大いに盛り上がったミニ発でした!  

Posted by 沙門宏幸 at 11:15Comments(0)

2016年10月11日

希望(のぞみ)発表会

大阪市住吉区のカラオケスタジオ希望(のぞみ)の発表会にゲスト出演。住吉区民ホールにて。

オリジナル「街道紀行」「あの人どこに」を熱唱。

メインゲストは高城靖雄。「」「北故郷」「幸福予約」「南部のふるさと」など約20曲。  

Posted by 沙門宏幸 at 11:03Comments(0)

2016年10月02日

9月新曲研究会

話題としてはひと月遅れ。昨日10月新曲研究会が終わりました。でも性格的にワープできなくて…。

みんなで歌ったのは「流沙の 護り」(昭和12年・上原敏)と「われとわが身を眠らす子守唄」(昭和63年・美空ひばり)。

前者は「それが男というものさ」(竹越ひろ子)、「黒潮節」(都はるみ)の元歌。後者はひばりさんの隠れた名曲。スロー・ジャズ。
  

Posted by 沙門宏幸 at 16:02Comments(0)

2016年09月22日

9月新曲研究会

9/3(土)、県立図書館にて新曲研究会&今昔物語。

昭和歌謡この一曲は、軍時歌謡「流沙の護り」(上原敏・昭和12年)を歌う。この歌はのちに竹越ひろ子「それが男というものさ」、都はるみ「黒潮節」としてカバーされた。今回はその3曲をすべて歌った。歌詞が変わるだけだが…。

新曲コーナーは「われとわが身を眠らす子守唄」(美空ひばり・昭和48年)を。新曲?とお思いでしょうね。曲は旧いがシングルCDがリリースされたのは今年5月。なかにし礼作詩、三木たかし作曲の秀作。ひばりファンに歌い継がれてきた隠れた名曲だ。「ジョージア・オン・マイ・マインド」を彷彿とさせるジャズ・ブルース。

最後に岩喜演歌商店・岩橋会長から、46年前の黒潮国体当時に「紀州名所くずし」から都はるみの「黒潮節」が生まれた背景についてドキュメンタリーなお話があった。その誕生に岩喜演歌商店が深く関わっていたようである。やはり演歌商店は和歌山の歌謡史を語る上で、抜き差しならない存在であろう。  

Posted by 沙門宏幸 at 09:48Comments(0)