プロフィール
沙門宏幸
沙門宏幸
歌の伝道師でありたい・・・。そんな願いを胸に、一節一句、全魂込めて歌います・・・。芸名・沙門は“求道者”の意。歌の道は自分磨きの人間道です。そんな私は・・・
1954年生まれ、和歌山市は狐島出身。本名:萩野(旧姓奥村)博之。野崎小・河北中・星林高校を卒業。本名の私をご存知の方は、アレ!と思うでしょう。高校卒業後すぐに奈良に転居。関西大学卒業後、30年間、奈良で公立小・中学校の教壇に立っていました。専門は社会科。40歳を過ぎてから歌を学び始め、2008年に早期退職。歌を生業として新たなスタートをしました。目下、歌手・歌謡講師・カラオケスタジオ経営者として活動中。故郷・和歌山の皆様、長らくご無沙汰いたしましたが、奈良県香芝市から紀の川市に移りました。どうぞよろしくお願いします。
沙門宏幸へメール

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


ik_06 沙門宏幸の動画ギャラリー ik_06 沙門宏幸のインターネット・テレビ番組
ik_06

2015年07月27日

山本和恵さん

SEIKO歌謡祭のゲスト、山本和恵さんと出演前にロビーでスナップ。

7年前に知己を得て何度かお目にかかったが、いつも気さくな方。心そのまま、等身大で歌手として、作詞家として活動されている。丹後なまりだろうか、独特のイントネーションで話されるのにとても好感が持てる。

8月5日に先行して新曲「 トワイライトラブ」の発売があり購入。  

Posted by 沙門宏幸 at 12:48Comments(0)

2015年07月27日

SEIKO歌謡祭2015

7/26、恩師・髙田セイコ先生の教室発表会。26回目を迎えた。

歌唱者は130名超。ゲストに山本和恵さん。盛大な発表会だった。

今回は当初の会場ホテルの不都合で延期となり、急遽「アウィーナ大阪」に変更というアクシデントに見舞われた。

それを乗り越えての開催は、髙田先生が26年間結んできた歌を愛する人の絆とその方々の厚い真心の賜物であることを実感できた。  

Posted by 沙門宏幸 at 12:05Comments(0)

2015年07月25日

懐かしの鎌倉

とある所でいただいた“鳩サブレ”でおよそ20年前、初めて訪ねた鎌倉を思い出した。

相模湾に面し三方を山に囲まれた天然の要塞は砂鉄の産地でもあったことから、源家三代と北条執権政治の本拠地となった。

中世日本史に関心があったので心惹かれる魅力的な地であった。

8月初旬の炎天下、源氏山で頼朝像を仰ぎ、汗だくになりながら化粧坂、大仏坂切り通しを歩いて高徳院へ。初めて見た鎌倉大仏は噂に違わぬ美男であった。

江ノ電に乗って沿線を散策。稲村ヶ崎、江の島…若さと旧さと自然が絶妙にマッチして旅心を満喫させてくれた。

「鎌倉残照」「江ノ島の女」 「湘南My Love」…多くの歌に歌われた景勝の地を一枚の鳩サブレが思い出させてくれた。  

Posted by 沙門宏幸 at 07:44Comments(0)

2015年07月23日

募集!第16回親睦ミニ発表会

9/27(日)12:30~カラオケスタジオ「みえこ」にて。

フルコーラス2曲、2ドリンク付き。参加費2500円。

ゲストはオール近畿歌謡連盟グランプリ受賞者・永井孝治さん。

回を増すごとに内容充実。あなたもぜひご参加を!

詳しくは0736-77-6188「みえこ」まで。  

Posted by 沙門宏幸 at 08:54Comments(0)

2015年07月23日

夏の営業

カラオケスタジオ「みえこ」の夏休みは8月4日(火)・5日(水)。定休日も含めると8月3日(月)~6日(木)は連休。

お盆は通常通り営業。ご来店お待ちしております。  

Posted by 沙門宏幸 at 08:42Comments(0)

2015年07月23日

第15回親睦ミニ発表会

7/19(日)開催。おかげさまで15回。

今回は奈良からフレンズ歌謡教室主宰・濱口たか代さんをゲストに迎えて。「愛の終わりの始まり」「一夜宿」を熱唱していただいた。

参加者のパフォーマンスも多彩で見ごたえ、聴きごたえたっぷり。“満足できた”との感想が聞かれた。  

Posted by 沙門宏幸 at 08:30Comments(0)

2015年07月21日

穂乃実です

3才になったよ。言葉もたくさん覚えたし自分でトイレも行けるよ。お友だちもできて毎日元気に遊んでます。

久しぶりに爺ちゃんが遊びにきてももう泣かないよ。爺ちゃんに絵本を読んでもらうのが楽しみです。  

Posted by 沙門宏幸 at 14:40Comments(0)

2015年07月18日

政治への幻滅と怒りⅡ

新国立競技場問題…。

遠藤五輪相…「文科省の管轄なので」

下村文科相…「デザインしたのは安藤氏」

安藤忠雄氏…「私はデザインまで」

またまたまたまたまたしても責任のなすりあい。

中央も地方もわが国の政治の最も際立った特色は…

“だれも責任をとらない”

ということです。   

Posted by 沙門宏幸 at 13:57Comments(0)

2015年07月17日

アリスさんへ

ご無沙汰しております。共感のコメント嬉しく心強く思いました。歌を愛する心は平和を愛する心ですよね!ありがとうございました。  

Posted by 沙門宏幸 at 16:26Comments(0)

2015年07月16日

訂正

前稿中、「支持」は「指示」の誤りでした。  

Posted by 沙門宏幸 at 12:43Comments(0)

2015年07月16日

政治への幻滅と怒り

今に始まったことではありませんが…。

祖父の亡霊に取り憑かれた愚かな孫が、権力という刃物を振り回して、大多数の国民が理解も望みもしていない戦争法案を躍起になって作ろうとしている。岸ー安倍家の私情を政治に持ち込むな!

公明党…何してんの?あなた方の意思で動けないのはよく分かってます。母体・創価学会からの支持が出てるんでしょ。学会員にも反対者は多いはず。元凶は創価学会政治部=公明党を何としても政権に入れておきたいドンを中心とする学会本部。実に見苦しい。党も母体もエセ平和主義。“平和”の看板を降ろせ!

一方では国民のご機嫌取りみたいな新・国立競技場の予算見直し。国民をバカにするのもいい加減にしろ!

仕事がらふだん政治的発言はあまりしないのですが、あまりのていたらくに…。  

Posted by 沙門宏幸 at 08:12Comments(1)

2015年07月14日

最近1ヶ月の出来事(6)

7/12(日)星林高校25期生(昭和48年卒業)同窓会。別称“還暦同窓会”。

5年ぶりくらいかな。100人ほど出席という話を聞いたので、出かけにアルバムをめくって顔と名前を復習している自分がおかしかった。

それが無駄ということはすぐ分かった。だいたい在学中にほとんど話すらしたことがない人の名前が今になって分かるわけがない。さらに43年の歳月はクラス仲間さえ分からなくしてしまう。ああ…。

依頼があり15分の持ち時間でアトラクションをやった。題して“沙門宏幸のチョークをマイクに持ち替えて”同窓会バージョン 「語り歌う昭和歌謡史同窓会編」

昭和45年(1年生)から昭和47年までの3年間、それぞれの年にオリコンヒットチャートベスト10に輝いた歌たちを約20曲歌った。

もちろんまともに歌えば時間がないので歌詞つなぎ。♪別れの朝二人は醒めた紅茶飲みほし~もう一杯いかがなんて妙に色っぽいね~それが女のみちならば♪ってな調子。

でも「黒ネコのタンゴ」「また逢う日まで」「伊勢佐木町ブルース」はしっかり歌いました。最後に「あの素晴しい愛をもう一度」を合唱。ああ、青春じゃのう。

すぐ分かった人、とうとう最後まで分からなかった人、いろいろだったが、それはそれで有意義で楽しかった。  

Posted by 沙門宏幸 at 20:12Comments(0)

2015年07月14日

最近1ヶ月の出来事

7/9(木)貝塚市のチルチルミチルさんへ。およそ2カ月ぶり。

体調をくずされていたマスターが少し回復されたのか元気そうなお顔だったのが嬉しかった。

チルチルさんはいつも♪温かいんだからあ~♪  

Posted by 沙門宏幸 at 19:27Comments(0)

2015年07月14日

最近1ヶ月の出来事(4)

カラオケスタジオみえこ主催「歌の宝石箱2015」の本格的な準備体制に入った。

会場の田園ホールは4か月前でないと正式な手続きができないのでやきもきしたが無事クリア。

目下定員の70名に向けて参加者を募っている。あなたもぜひ…。

フルコーラス・弁当付で参加費10000円。

ゲスト出演は抜群の歌唱力で数多くの全国大会グランプリを獲得した松下久美子さん。  

Posted by 沙門宏幸 at 18:07Comments(0)

2015年07月14日

最近1ヶ月の出来事(3)

7/4(土)歌謡曲今昔物語。3時~。県立図書館にて。

4回目の今回は昭和30年代にスポットを当てて。

阿久悠氏いわく「30年代の流行歌の根底には飢餓と憧憬ある」と。

敗戦後の貧しさからの脱却、都会的なものへの憧れ、その対局にある望郷…。

吉田正に代表される都会派歌謡の流行(フランク永井ら)。若者の間にはロカビリー(平尾昌晃ら)。やがてTVの普及とともに登場するアイドルたち(橋・舟木・西郷の御三家) …。

一方で哀愁と郷愁の望郷歌(三橋・春日ら)からサクセスへの希望あふれる望郷歌(井沢)まで、故郷を懐かしむ歌が都会で働く地方青年の心にしみてゆく。

坂本九・北島三郎・都はるみら歌謡史に名をとどめる大スターがデビューしたのもこの時代だ。

次回(8/1、3:00、県立図書館)はビートルズの来日とその後の流行歌に話題をすすめる予定。  

Posted by 沙門宏幸 at 10:41Comments(0)

2015年07月14日

最近1ヶ月の出来事(2)

6/24(水)沙門宏幸歌謡教室in香芝の発表会。大阪府河南町カラオケステージ「縁」にて。

今年は5名の友人参加も。総勢16名。3曲ずつ熱唱しました。楽しかった!  

Posted by 沙門宏幸 at 09:28Comments(0)

2015年07月14日

最近1ヶ月の出来事(1)

6/15(月)堺市「和」さんへ。

月に一度のお楽しみ。お馴染みのお客さん方とご一緒に歌いました!  

Posted by 沙門宏幸 at 09:17Comments(0)